« January 2019 | Main | March 2019 »

February 2019

February 28, 2019

街の本屋さん

Honya_

いくつか行ったことのある本屋さんが載っている『街の本屋さん』。夫と一緒に行った東京や京都や金沢の本屋さんも載っている。神戸の本屋さんがないのはなぜかな……。「箱根本箱」気になる、宿泊してみたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2019

あきない世傳金と銀 六

Kaoru


発売日に購入。読み始めたら、終わるまで目が離せなくて眠れなくなる本。『あきない世傳金と銀』6。呉服屋「五十鈴屋」の幸は、いよいよ江戸へ進出。女性が店主になれない時代に努力と工夫と知恵で道を切り開いていく。
逆境の中で光る幸だが、時代は変わったようでいて意識が変わるのに、どれだけ時間がかかるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いま、こころにひびく

Img_6293_2


第5回目となる「月の子忌 時実新子を読む」を開催します。

ところ 神戸文学館
と き 3月9日(土) 午後2時~3時半
企画 月兎(八上桐子・ 妹尾凛)
申込み・問い合わせ先  神戸文学館(tel:078−882−2028)
定員   50人(先着順)
参加費  200円

合わせて「いま、こころに響く新子句」を募集します。当日、冊子にして参加者に(応募者にも)進呈します。あなたの心に響く新子の川柳を1句とコメント(50字以内)をメールでお送りください。2月20日締め切り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2019

江戸の蔦屋さん

Tutaya

江戸の蔦屋さん」は、出版社社長かつ書店経営の蔦屋重三郎が主人公の4コマ漫画。北斎や歌麿が出てくるコミック。歌麿のキャラクターが面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2019

蔦屋梅田店

Nejimaki1

仕事を終えてから小澤俊夫の「昔話の時間と距離」という講演会を聞きに梅田へ。ついでに蔦屋書店へいって、「ねじまき#5」を確認。あら、袋入り! 立ち読みできないね……。
この中の句を「ウラハイ」の「金曜日の川柳」で紹介していただいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »