« December 2018 | Main | February 2019 »

January 2019

January 20, 2019

ねじまき#5

Image1_2

『ねじまき#5』が届いた。ねじまきに出した句や、「うみの会」に出した句、それにスマホ句会に出した句など、自作が20句載っている。好きな句には野間幸恵『WATER WAX』、特集では八上桐子『hibi』の感想を書いた。でも、読んでいて一番面白かったのが「ねじまき実況」。逆選について。
「うみの会」でもそうだけれど、いいも悪いも含めて、話題になってこそと思う。ふだんはそっとしておいてほしいけれど、「読む会」に出した句だからこそ話題になって欲しい。それに、せっかく載せてもらったので『ねじまき#5』読んで欲しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 14, 2019

うみの会

批評をしあう句会「うみの会」も8回目になった。
今回は、午前中に緊張する会があったため、なんだか午後は最初から集中力が切れていて、メモもほとんどとらずじまい。でも、ここが川柳の会であることがキーワードになっていた。
句の一覧に川柳と俳句が混在しているのだが、わたしは、一句として読んだとき、これは川柳で、これは俳句なんて気にしないで読んでいるから、ついていけてなかったのもある。
作り込みされている世界が好きなときもあるし、隙のないのか嫌なときもあるし、何よりも無駄な言葉があるってわかるのに、その世界に引き込まれるということもある。
とはいえ作者名が伏せられているので、進行役から、自作が話題になっているときに「どう読んだ?」と聞かれて、以前なら「これは私の句なのでパス」と言っていたのが、ちゃんと知らんふりをして、「ここがダメと思う」と言えた。それがどうした、なんだけど。

写真は宝物の本。
Image9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2019

みそラーメン

Img_6294

川柳の仲間たちと名古屋の句会に初参加。会場が短歌会館なので、すぐ近くのラーメンやさんでみそラーメンをたべてから、いざ句会へ。とってもやさしい味。
短歌会館はすてきな建物で、会議室にはレトロな赤いじゅうたんが敷かれたふっかふっかのソファみたいな椅子、一度座ったら立てない。
句会では、今年初めての句会ということで、初鳴き賞があった。選者が一番めにとった句に賞品が出るというもの。うれしいことに初鳴き賞をいただいた。

  ささやきに近い真昼の月の色

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2019

ゴッホの星空

50602


フィンセント・ファン・ゴッホの伝記絵本「ゴッホの星空」ゴッホは好きというか目をそらせない。本物の「ひまわり」を新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で見たときは、自分がどこにいるのかも忘れてしまうくらい茫然とした。いつも絵を描くときは日暮れから夜明けだったという。この絵本は「星月夜」の絵をモチーフに、「フィンセントはねむれません」が繰り返される。
なんて鮮やかな夜たち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2019

蝋梅

Image1_2

いい匂いさせてる蝋梅
いつもよりもたくさんある食料が減ると思った自宅での新年会だけれど、料理自慢たちが持ってきた料理で、かえって冷蔵庫の中身が増えてしまった。まあ、美味しいからいいか……。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2019

遠い朝の本たち

51m5t5nq7bl__sx331_bo1204203200_

新年読了1冊めは須賀敦子の名著「遠い朝の本たち」。表紙の船越佳もいい。正月休みは、混雑する街中には出たくないから、家にいて本でも読もうというのが、夫が元気だったころも今も変わらない。それに、ごちそう続きだと体調を崩すからと食べ物にも凝らないから日常みたいなお正月。といいつつ、昼酒は……。
 「遠い朝の本たち」は、本に夢中になり、本からその後の長い人生を生きるための血なり肉なりを与えられたということを、静かな文体で書いた随筆。窓から外の景色を見ながら、言葉の意味を理解したとき、本の世界を長い時間をかけて理解したときの感動が、深く深く伝わってくる。読書は、本はいいなあと素直に思える。集中の 「葦の中の声」は、飛行家のリンドバーグ夫妻のことが書いてあり、そこに、「さようなら」ということばの語源が載っていた。「もともと「そうならねばならぬのなら」という意味」とあった。知らなかった! 別離は、しかたのないこと……。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2019

ヒヤシンス

いい匂いをさせてる
球根の水栽培

20190101_061625

   少しだけ夜に傾くヒヤシンス

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2019

新年

日の出を見にでかけたら三日月がでていた

20190101_070327

   新しい年は三日月とともに

初日の出
20190101_072111


20190101_073059

かもめが飛んでいた
新年早々、岸壁で渡辺真知子の歌を歌いながら帰宅

本年もよろしくお願いいたします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »