無料ブログはココログ

« February 2018 | Main | April 2018 »

March 2018

March 26, 2018

本のれきし5000年

Book1

3月4日の1003でのイベントで本の歴史について教えていただいたとたん、たくさんのふしぎの「本のれきし5000年」を発見。ああ、興味を持つとちゃんと目に入ってくる。粘土や皮、パピルスの本の写真がたくさん。ヒエログリフもある。書記は粘土に文字を掘る。粘土の封筒もある~。粘土の文字は自然乾燥か、焼いて陶器にして保存。粘土の本だったら、寝転んでは読めないなあ。

March 25, 2018

I'll Be There

Sakaura


神戸でも桜が咲いた。
テレビから「I'll Be There」が流れてきた。CMかな……、なつかしすぎる。マイケルジ・ャクソンだ。映画「this is it 」でも歌っていた。
つい先日、小学6年生男子と話しているとき、いま話題の映画「文豪ストレイドッグス」を観に行くかどうか話していたら、その子が、「ぼくが映画館で一番最初にみたのが「this is it 」で、それから、マイコーの大ファン」というので、おおお、こんな若いファンがいるのかびっくり。
わたしは、マイケルファンというほどではないけれど、なにしろ名曲ヒット曲が多いから知っている曲がいくつもある。
土曜は御影で句会、深田池の桜は一分咲き。いい匂いのりんごをもらってきた。

    しんとする季節外れのりんご二個

Hana

March 17, 2018

ほっこりぽくぽく上方さんぽ

Seiko


夫の書棚に『ほっこりぽくぽく上方さんぽ』があった。彼は単行本、わたしは文庫本で持っている。こうやって、重複している本、たくさんあるだろうなあ。まだ、全部を見てないからわからないけど。せっかくなので単行本で再読。田辺聖子の、まさに、ほっこり感が心地いい。川柳も随所で紹介されているし、自分の想い出も織り込み、大阪の風土をやわらかく書いているけど、ほんとに博覧強記! 
狂言回しに鉄線コスモス嬢が出てくるが、これが百閒の『阿房列車』のヒマラヤ山系みたいで面白い。神戸の項もある。

ごくらくごくらく

Gokuraku


久しぶりに、近所のお風呂屋さんで温泉倶楽部活動
おふろにつかって「ああ、ごくらくごくらく」

絵本『おじいちゃんのごくらくごくらく』は、おじいちゃんと孫のお話。おじいちゃんは死んでしまったけれど、いっしょにすごした大事な時間は孫にちゃんと残っている。「ごくらくごくらく」ということばを使って、さらりと描いて、さみしさとしあわせとがツンとしみてくる。

March 15, 2018

白い花

ぽかぽか陽気
通勤途中に白い花が目に入る

雪柳
Image1

ジンチョウゲ
Image2_1


木蓮
Image4_1


  透き通るとちゅうの白い白い花

あら、もう桜が咲いてる!
これは早い桜なんだろうな
Image3

March 13, 2018

空のパン

Pan1


東京みやげはあま~いパン
濃いコーヒーによくあう

     帰れないまだ帰らない空のパン

March 11, 2018

図書館幻想

Mado1

写真は旧帝国図書館の窓
用事以外は図書館と本屋に行って……
神戸にいるときと同じことをしている

わらべうた

Image1

4ヶ月ぶりの東京
明治神宮を通ったら、もぐらさんが作った跡を発見

     ほった ほった ほりべえさん
     くろい ビロードのふくきた
          ちいさい じいさん
     ほって ほって ほりまくる
          ほりべえさんの ほった
          つちのやま みえるでしょ
            ポター「アプリイ・ダプリイのわらべうた」

東京は思ったよりもさむかった

March 04, 2018

すごいなあ

Image3


ひなまつりは、「月の子忌 時実新子を読む会」、なんとか無事に終了。
用事で大阪へ。帰り道に蔦屋書店に寄った。川柳コーナーには「ねじまき」が! 桐子さんの「hibi」が! 
その隣がトイレットペーパー(トイレ川柳)というのがシュール……

« February 2018 | Main | April 2018 »