無料ブログはココログ

« February 2017 | Main

March 2017

March 26, 2017

本がおつまみ

Image2_2

1003でのイベントに参加。小説家松宮宏氏に聞く「愉快犯罪小説の愉しみ」
クライムノベル、ピカレスクともいわれるジャンルの本や映画の話など。聞いているうちに、男ふたりが事件にまきこまれ、解決して、それからドジをするっていうテレビの探偵ものが好きだなあと思いだす。「傷だらけの天使」とか「まほろ駅前多田便利軒」といいたかったのに、題がいえなくて、でも、参加者がちゃんと推理して答えてくれた(笑)

1003には、時実新子の句のリーフレットも置かせてもらうことになりました。俳誌、句集も多い本屋さんなので、本好きの手に渡ってくれたらうれしいです。

P1040625_2


March 24, 2017

友、来る

Kobe_2

友人が長野から来た。何十年ぶりかなあ。学生時代のことやおっかけをしている歌手のこととか、話は途切れることなくだらだらと。だらだら具合が20代気分。おいしい中華を食べてから、メリケンパークへと散歩。神戸の夜景を見ておひらき。メリケンパークの工事、まもなく終了みたいだ。

March 23, 2017

海、工事中

Umi_2

Suma1_2

神戸市内の小学校は卒業式。
たいせつな用事で須磨へ。須磨海岸は工事中だった。この夏は遠浅の砂浜になるらしい。それから、須磨離宮公園の近くへ。神戸の話を異人館で。

  光りはじめたページから顔あげる

March 21, 2017

ニテコ池

西宮をちょっと歩く吟行に参加。吟行は難しいけど、終わったあとのビールがおいしかったあ。

P1040616

P1040613

P1040623

山鳩はだあれを呼んでいるのかな
落ち着いてから神様に会いに行く
ことばになるまてゆっくりまるくなる
雨近くなり白木蓮ふくらむ
ずっと昔は海でした山でした
桜夙川わたしはきみを知っている

March 20, 2017

ねじまき

きのう、久しぶりに名古屋まで行って、「ねじまき句会」に参加。この句会は、席題がないので句を作らなくていいので、なかなか句が作れない私にとっては、とてもいい場所。そのかわりに、どうしてこんな句を作ったのかと尋問されたりして冷汗がでる。
それはさておき、「わたしにとっては、永遠と一瞬は同義です」といったら、「うん」と、肯定されたことにびっくり。ひええ~、つっこまれなかった。ほんとにここは安心してしゃべれるところだあ~と感激。あ、でも、句には厳しい。とっても。
名古屋のテレビ塔付近に、「蕉風発祥の地」があると教えてもらった。写真がテレビ塔。
Image1_8

March 14, 2017

処女塚

P1040548

石屋川をちょっと歩いた。処女塚があって、ここは古墳のあったところ。まつぼっくりが落ちていた。まるで、地面から生えているみたいだ。

   少しづつ私は海に溶けていく

March 12, 2017

うたうとは小さないのちひろいあげ

51dwtpi0kpl__sx337_bo1204203200_

村上しいこといえば、かめきちシリーズに日曜シリーズで、子どもたちに大人気の童話作家。が、こんなすてきなYA「うたうとは小さないのちひろいあげ」も書いてたんだ! 高校の短歌部が舞台。主人公といっしょに短歌部に入った気分をあじわった。
友人関係とか家族関係とかいろいろあるけれど、短歌でこころが開かれていくのがいいなあ。たこ焼きにお好み焼きもミックスされていて、おいしい小説でもある。
続編もあるので、読まなくっちゃ!

あきない世傳 金と銀3

9784758440684

高田郁の新刊『あきない世傳 金と銀3』を読んだ。これは、通勤バッグにいれて失敗。続きが気になって気になって……。とるものとりあえず一気に読了。呉服商「五鈴屋」のご寮さんとなった幸。またもや幸の運命は動くけれど、きっと、幸ならだいじょうぶ。この本の船場言葉が気持ちいい。あ、もちろん実は船場言葉を知らないのだけれど、読んで気持ちよくて、きれい。

March 09, 2017

梅一輪

Ume

筒井八幡神社の梅。春だなあ。この神社には、上筒井の地名のもとになった「つつの井」という井戸がある。上筒井は、神戸の中でも夫の大好きな地域。ちょっとふらり歩いた。

March 04, 2017

時の一致

Image1


「月の子忌 時実新子を読む」が、無事に終わった。まずはホッ。写真は会場の神戸文学館。いい天気だった。
この会のために、とても貴重な川柳誌「川柳ジャーナル」を借りて読ませてもらった。現在もたくさん出ている柳誌も、多くの川柳人の句の積み重ねの場になっているのだなあと実感。
それにしても、新子の句を読むとき、耳で聞く川柳のすばらしさを言いたかったのに、なにせ滑舌が悪くて……。会の準備の中での、わたしの発見は「時の一致」。師である川上三太郎が亡くなった時と、新子が自分の川柳を確立した時が同時期だということ。きっと多くの川柳人たちはとうに知っていたことと思うけれども、わたしにとっては、発見! だった。これほどに、きれいに時が一致しているとは……。「川柳ジャーナル」という柳誌は、その象徴的な場と思った。

March 03, 2017

ひなまつり

Photo_2

友人がくれたかえるのひな人形を出した
キュート

« February 2017 | Main