無料ブログはココログ

« January 2017 | Main | March 2017 »

February 2017

February 18, 2017

明日はいずこの空の下

Naoko


上橋菜穂子の守り人シリーズ。わたしも子どもとよく読んていたが、最近はテレビでもオンエア中。その上橋さんのエッセイ「明日はいずこの空の下」。旅に関するものを集めているのだが、児童文学に関するエッセイといってもいいくらい、サトクリフ、ボストン、トールキンなどについても語ってくれていた。面白かった~。
かごしま近代文学館」で展示を見てきた。上橋菜穂子と向田邦子、なんとも贅沢~。

012_2
写真は、「精霊の守り人」展から

February 12, 2017

少年少女のための文学全集があったころ

51sc9ubg44l__sx352_bo1204203200_


面白そうって思っていても、ほかにも読みたいものや、読まなくてはならないものがあって、後回しになっている本のひとつだった『少年少女のための文学全集があったころ』。やっと通勤のバックしほうりこんだばかりで、まだ読んでいる途中。カニグスバーグが大好きで、単行本も全集もそろえていたのだが、初期作品の『ロールパン・チームの作戦』が、『ベーグル・チームの作戦』に改題になったとの部分にびっくり! 翻訳された当時は、ベーグルが、日本ではなじみのない食べ物だったため、ロールパンにしたというところ。し、知らなかった~。

February 10, 2017

黄昏

Yuyake


仕事を終え、黄昏時に温泉倶楽部でみなと温泉漣へ。月夜なのに、ときおり雪が舞う。そんな寒さの中、露天風呂に入った。でも温もった~。

たそがれくさかれほしひかれ

谷川にことばあそびうたが
ふとうかんだ

February 04, 2017

月の子忌 時実新子を読む

65

第3回目となる「月の子忌 時実新子を読む」を開催します。
今年は、新子没後10年となりました。

ところ 神戸文学館
と き 3月4日(土) 午後2時~3時半
企画 月兎(八上桐子・ 妹尾凛)
申込み・問い合わせ先  神戸文学館(tel:078−882−2028)
定員   50人(先着順)
参加費  200円

合わせて「いま、こころに響く新子句」を募集します。当日、冊子にして参加者に(応募者にも)進呈します。あなたの心に響く新子の川柳を1句とコメント(50字以内)をお送りください。senryuso@yahoo.co.jpへ。2月15日締め切り。

February 03, 2017

鬼が出た

Oni


節分だ、鬼だというわけで絵本『鬼が出た』。鬼ってなにという問いに、民俗資料満載で答えてくれる。それにしても、鬼ごっこが「ことろことろ」の江戸時代の遊び、その前の「ひふくめ」のおまつりが起源というはぴっくり。そうかあ、ずっとずっと続いているあそびだったのか、と。

« January 2017 | Main | March 2017 »