« September 2016 | Main | November 2016 »

October 2016

October 29, 2016

お茶の時間

Tea


お茶もコーヒーも、いい気分転換になる。自分に、えいやっと掛け声をかけないと立てないときもあるというのに、いい香りのお茶には、呼ばれなくてもふらふら寄っていってしまう。香りはけっこう恐ろしい。というか、お茶の誘惑に弱いみたいだ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2016

ワーズワスと芭蕉

柿衞文庫の「ワーズワスと芭蕉」。芭蕉の軸のそのすぐ下に英字の詩が展示されてる。日本語なのに読めないし、英語も読めないのに、歩くことに感化されながら詩を作り出していった遠い昔の詩人のたたずまいと、時を超えて、いま、ここで出会えたことの不思議に感銘。
同日、船団に会の「「激突する!五七五 俳句VS川柳」にも参加。川柳も俳句も似ているとも思うけれど、俳句を作って出すことになったら、とたんに固まってしまって、俳句って何?状態になってしまった。やっぱり、構えてしまう。そんなこともあって、俳句も大好きなのに、なんで、わたしは、川柳を続けているのかなあと、ふと自問。たまたま、川柳をしている方がそばにいて、その方がが面白い人で、たまたま、川柳をしている場で出会った方々がまた面白くて、それで、もう10年以上も続けていらるような気がする。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2016

べっぴんさん

Bus


神戸が舞台の朝ドラがはじまった。見てはいないのだけれど、かわいいバスが走っていた。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2016

いつかどこかで

Toda3

秋の京都で、戸田さん個展があります

戸田勝久展「いつかどこかで」

と き  2016.10.29(土)~11.06(日)
ところ ぎゃらりぃ思文閣

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2016

おいしそうな本

古書店1003のイベント「おいしそうな本」に参加。ビールを飲みながら、持参した本のことを話し合うというもの。私は絵本「サラダでげんき」を持っていった。長新太の絵が大好評。

Image3_2

写真は持っていかなかった本。谷崎潤一郎「東西味くらべ」。これは、通勤で読んでる途中。随筆の他に、後半は、谷崎の小説の抜粋があるのがお得。吉田健一「私の食物誌」読売新聞に連載されていた名著。続いて邱永漢「食は廣州に在り」で名随筆。昭和32年発行だけど、いまなお新鮮。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2016

Library

Okurayama_2


図書館に行ったら、おお、通路に図書カードの入っている木製のケースが! もう使われてはいないのだけれど、懐かしい。今や、図書館での電子書籍貸出もはじまっているし……。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2016

温泉倶楽部

Kaeru


友人の発案で温泉倶楽部をつくった。
温泉に入るだけなんだけど、第一回は先月19日、「なぎさ温泉」へ。兵庫県立美術館のすぐそば。仕事帰りに立ち寄れる場所。
雨の中、なぎさ温泉前には、カエルの工事中の看板が輪になっていた。

   このところ雨にぬれることばっかり

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2016

歩く詩人

「歩く詩人 ワーズワスと芭蕉」
ワーズワスと芭蕉を「歩く詩人」として展示
戸田勝久さんも絵もあります!

とき  平成28年9月17日(土)~11月3日(木・祝)
ところ 柿衛文庫


| Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2016

曼珠沙華

杜人句会に参加。そこでメモした句に、曼珠沙華が出てきたのに、漢字が書けなかった。ほんとうに、漢字が書けなくなっている。ああ、ひらがなだってよれよれ。

Dscn7854_350x263


10月がはじまったことで決意。PCとかスマホばかりでなく、なるべくちゃんと手で文字を書くようにしよう!
写真は淡路島のもの。

  朽ちたならどこへ還ろう曼珠沙華

Image2

写真は飛行機から

  それはそうと非常口の先の雲


| Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »