« December 2015 | Main | February 2016 »

January 2016

January 31, 2016

只管打描

Image5_2
写仏を初体験。下絵をもとにただひたすらに、仏様の絵を写す。写経と同じ意味合いがあるという。仏様には、如来、菩薩 、明王、天部があり、私は観音菩薩を描いた。
書道の道具を持参したけれど、筆がまったくちがうのだった。なので先生の小筆を借りて、ただひたすら描いた(只管打描とは先生の造語)。下絵をいただいてきたので、また描いてみようっと。さっそく元町で筆を買ってきた。
仏画もいくつか紹介していただいて、わあっと感激したのが、中尊寺の「紺紙著色金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図」で、文字で絵を描いてあるもの。ああ、観たい! 今度の帰省時に行ってみようかな。 

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2016

曇天の日に

今年初めての句会は「実の会」。久保田紺さんと交流のある仲間たちがたくさんいるので、思い出話しをたくさんする。彼女の句を、みんながそらでいくらでも言える。涙の止まらない人、多数。そんなわけで、ひさしぶりに、べろんべろんになるまで飲んでしまった。どんだけ河岸を変えたことか……所持金がほぼゼロになった。

  いちばん寒い朝に届いた訃報

| Comments (2) | TrackBack (0)

January 21, 2016

緑の中の青

Takana
しんしん冷え込む中、六甲へ
私事で休みがちだったけれど
水彩画教室に通って1年がたった
描いたのは子持ち高菜
   ( いまはピクルス液に浸り中)
肩こりを忘れるくらいの青色

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2016

風は見ている

Moon

バーバラ・クーニーの絵本『満月をまって』。百年以上前のニューヨークハドソンの山奥のおはなし。籠を作っては、帰りが遅くても夜道が明るくなる満月の日に、町に籠を売りに行く。静かな暮らし、父を尊敬する息子。
息子は、はじめて、父と一緒に町へいったときに、町の子どもたちにくずれかごだの、ヤマザルだのとからかれてしまう。とたんに落ち込んでしまう……。
息子は時間をかけて、山の中で、風を、木の葉の呼吸を感じて行く。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2016

シェーの時代

51texrg2ufl

泉麻人「シェーの時代」を読んだ。ことし初めて読んだ本。昭和30~40年代をコミック「おそ松くん」から考察。時代背景としての風景や家屋のつくり、絵やセリフからちゃんと当時の社会が浮かび上がってくる。クレイジーキャッツや流行語も流行歌も。
そういえば、風景に、よく原っぱに土管が出てきていたが、当時の東京の原風景だったんだ……。
チビ太にはモデルがいたとか、おでんの構造の秘密も。名優チビ太にイヤミ、なつかしすぎる。

| Comments (0) | TrackBack (0)

ろうばい

Hana2


友人から花をもらった
部屋中が明るくなった
いい香りと透明な花弁のおかげかな

  まだ耳に残る あれは海の泣き声

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2016

ヒヤシンス

Hana


正月休みは短かくて
4日から仕事に出ている

一輪だけ花を買うのなら
絶対に白いヒヤシンス

   そっとすぎゆく真夜中のヒヤシンス

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2016

2016年

2016年になりました
Dscn7292

写真はきのうの朝日

ビルと雲に阻まれて
私が見た初日の出は7時20分

神戸港にはたくさんの人出

快晴のお正月
Dscn7293


本年もよろしくお願いします

| Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »