« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 30, 2015

六月

150630_084221

       六月は人をふと立ち止まらせる

写真は雨の中のアガパンサス
おおごとのあった6月が終わる

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2015

オニ、オニだ、この子

Yosinaga


コミック「きのう何食べた」10巻がでた。
今回はすぐに参考にしたい料理はなかったけど、(パンケーキとかは興味なくて)でもでも、ケンジくんにはとっても共感。だんだんお腹は出て来るし、髪の毛も。ケンジくんは「薄くなったね」と言った美容師に、「オニ、オニだ、この子」と……。ケンジはけなげにジムにも通うことにした。
あ、そろそろ私もジムに復帰しようかな、いや、暑い時期は……。


| Comments (2) | TrackBack (0)

June 23, 2015

ハート型

150622_200649


先週、何年ぶりかで風邪で発熱。自宅でごろごろしていたら「知恵熱?」というメールがきたよ……
かわいいきゅうりをもらってピクルスにした。もちろんタコの酢の物にもね!

   悔恨をガラスの瓶に詰めました
   ふりだしは瓶詰のみどりのハート

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2015

いっぱいやさいさん

Yasai

まどみちおの絵本『いっぱいやさいさん』。つかれたときはやっぱり野菜をとらなくちゃね。

 きゅうりさんはきゅうりさんなのがうれしいのね
 すずしそうなみどりのふくに
 きらきらびーずをいっぱいつけて

きゅうりさんサラダにいれて食べちゃうぞ

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2015

君たちはどう生きるか

Yosino


週末は大阪通い中で、往復で読んだのが吉野 源三郎「君たちはどう生きるか」。すごい直球。もともとは1937年の新潮社の「日本少国民文庫」。どう生きるのかって、そんな問いかけをすることもないまま50数年たつけれど、あらゆる学問の第一歩を、おじさんが14歳のおいっこのコペル君に語るかたちで、わかりやすく話してくれる。芸術における感動についてもあった。

    心の目、心の耳がひらいてないと
    すぐれた作品を味わえない

希望に満ちた「春の朝」の章で終わるが、これは盧溝橋事件のころに出た本。今もみずみずしいヒューマニズムが伝わってくる。

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2015

あじさい

150614_160544


去年から通信教育で勉強中
なかなか予定通りには進まない
リポートはなんとなかるけど
テストが、テストが問題だ……
なんでかなあ頭がエンストする
ためいきばかりでてくる

ああ、あじさいがきれい

  のほほんと咲いてみました濃紫陽花

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2015

時の日

早朝散歩で
雲間から朝日を見た

なぜかやたらと電話が多い日で
唐突にあれやこれやがやってくる
ほんとに人生何が起きるかわからない

   息潜めてるわけじゃない蝸牛

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2015

あじさい

150608_045356

150608_050342

梅雨入り後、はじめての朝の散歩へ。頭ほどもある大輪のあじさいが咲いていた。花を見に行きたいな、遠くに。

   ふりかえるまで悲鳴あげてたね紫陽花
   とうとう青くひろがって胸の中

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2015

乾燥ワカメ

友達が、豆腐と乾燥ワカメを手でぐしゃぐしゃっと混ぜて少しおいておいたら、豆腐の水分でワカメが戻るって教えてくれた。「ほんと?」って思いながら自宅でやってみたら、まあ、ほんとにワカメが戻った。もう普通に豆腐&ワカメだから、冷奴になるし、野菜をたっぷりいれてサラダにしてもいい。豆腐サラダは、オイスターソースとかナンプラーでアジア風にするとビールによく合う。

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2015

秘密の花園

Himitu

何十年ぶりかで「秘密の花園」を再読。面白かったことは覚えていたけれど、内容がおぼろげだったから出だしにびっくりした! 主人公のメリーが、「みにくい」とか「わがままなむすめ」とか書かれていて、「お母さまは小さな女の子なんかちっともほしいと思っていませんでした」という言葉で、善き母と善き子が出てくる「児童文学」のイメージがひっくりかえってしまった。おそらく子どもの頃に読んだのは「抄訳」だったと思う。
そんなメリーが人間として生き直して行く場所が「秘密の庭」。庭は自然の営みと適度な人手とで作られるもの。メリーを特別あつかいしない女中のマーサや庭師のベン、動物と話せるディッコン、それにマーサの母親。メリーがいきいきとした子どもになっていったのは、庭と、まわりにいる人たちの素朴な愛情だったと思う。心身とも病んでいたコリンも、同じように庭と周りの人達との交流でどんどんかわっていく。
枯れていた薔薇も(人も)、太陽の光を浴びて、きれいな空気を吸って、人手が入ると、いくらでも再生できる、しあわせな奇跡がやってくる。うちには庭がないから憧れるなあ。あ、マザーグースの歌も出てきてる! 

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2015

アイマスクは仮面

目が疲れたときはレンジでチンした
ぬれタオルを目にあてると目が元気になる
そんな、そんなプレゼントがあたるらしい
ガラスの仮面」のアイスチームとアイマスク

ああ欲しいなあ

「ガラスの仮面」50巻はまだまだかな(笑)

| Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2015

芍薬

150601_075728


芍薬の蕾を二輪買ってきて
ガラス瓶にいれたら
あっというまに
ぱああって開いた

水が欲しかったんだ 
咲きたかったんだ

  もうすぐかくれんぼがやってくる夏
  饒舌な芍薬の目がふと開く

| Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »