無料ブログはココログ

« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

August 28, 2014

ごめんやさい

Gomen


かわいい野菜の絵本「ごめんやさい

ぼうしをまちがえてごめんやさい
ごっつんぶつかってごめんやさい

このところの野菜の高値に
スーパーのきゅうりもトマトも
「ごめんやさーい」?

August 26, 2014

チョルベーン!

1010873_3

スウェーデン映画『なまいきチョルベンと水夫さん』を観て来た。原作はリンドグレーン尾崎義訳「わたしたちの島で」。リンドグレーンの作品はわたしにとってすべてが宝物! この映画は50年前の映像。なんてきれい、キュートで新鮮、それに面白い! 主人公のチョルベンはぽっちゃりしていてなかなかキレモノで、そのうえメルヘン好き。もしかしたら王子様になるかもしれないっていって本物のカエルにキスしちゃうのだ。飼っている犬のことで、チョルベンはおんおん泣いて泣いて、ぐっとせつなくなったけれど……。ああ、白夜が美しい。ああ、きっとかもめたちはすべてを知っている。

  スキップスキップさいごはみんなしあわせに


August 24, 2014

きのう何食べた? #9

Yosinaga


「きのう何食べた?」と聞かれたら
ちゃんと答えられるかな……

朝は?
昼は?
夜は?
きちんと覚えていられたら
レコーディングダイエットになる!

とりあえずコミック
「きのう何食べた?」9巻がでた
おいしいレシピの載ってるコミック

でもレシピよりも
食事を通して一緒に暮らす人との
さりげない機微が魅力

今宵はスパニッシュオムレツ作ろうかな

シロさんがとうとう老眼鏡をかけ
50歳のバースティをむかえた!
   1巻の頃は43歳だった

August 23, 2014

140823_122533


鮎といえば
鮎原こずえだけれど

きょうは今夏二度目の
鮎を食べてきた

フレンチで鮎のテリーヌ
思わず鮎の味がすると
当たり前すぎる
感想を言ってしまった

鮎は塩焼きにして
食べるものと思っていた

まあ、どっちにしても
鮎を食べるのなら
お酒が必要!

August 19, 2014

おこし

140819_071900
みおつくし料理帖」最終巻を読んだら
そりゃあ「おこし」が食べたくなる!
主人公の料理人澪がこころをこめてつくる
やさしい味のおこしだ

天と書いて「そら」とかなをふってあるので
「そらのかけはし」が本の題なのだけれど
本屋さんの店先で
「みおつくし、いよいよ完結
『あまのはしだて』がでました」
と、大声で売っていたとか

あっているのは「の」だけ……

August 18, 2014

天の梯 みをつくし料理帖

Kaoru


きのうは名古屋へ。電車&新幹線で読んだのは「天の梯」。ああ、読み出したら止まらない。夢中で読破。みおつくしシリーズとうとう10巻で完結。気になっていた澪の恋も運命も大団円。ほっとひといき。巻末の料理番付には、元町……の店名もあって、しんみり。

August 11, 2014

あ、ねじまき#1だ

土曜は大雨の中、本さがしやら用事やらで街を出歩き、日曜は、あまりの暴風雨で予定を中止して(お墓参り……)自発的に蟄居。句とかを作ってみたり、目の前が真っ白になるすざましい雨を見たりして過ごした。本日、新聞休肝日、いえ、休刊日なので、朝のコーヒータイムに、きのうの新聞を読む。2紙とっているので、1紙は当日、もう1紙は月曜に読む。まあ、記事は読み飛ばす方が多いけれど、読書欄が楽しみ! 神戸新聞を読んでいたら、あ、「ねじまき#1」(川柳誌)が書影つきで紹介されている! 「ねじまき句会」には、去年から参加させてもらっているけれど、わたしが入る前に企画された本なので、わたしの句は載っていない。(句会は名古屋だけれど、メールで投句することもできるのだ)
「ねじまき#1」には、ひっくりかえるような面白い句や、よみものが載っている。こんな刺激的な本ははじめて。興味のある方は、こちらへ。

August 07, 2014

立秋

とろとろにとけそうな
真夏なんだけど
暦では秋らしい

   はいでもいいえでもなく枝豆むしる


August 05, 2014

かようびのよる

51jn89b7bel__sl500_aa300_


Dウィズナーの絵本「かようびのよる
カエルくんコレクターにはたまらない絵本

はすの葉っぱに乗ったカエルくんたちが
紺色の夜空をスーパーマンみたいに
ひゅーっと風をきって思い切り飛ぶ
それからいつもの池に帰る
ぽちゃんっ
そんな「かようびのよる」

    ちょっとなら飛べる気がした夕月夜

August 02, 2014

星一つ

今夜はみなとこうべ海上花火大会

そぼふる雨だけれど
少雨決行なので街中はすごい人波
用事をすませて早々に帰宅

雨の中でも昼花火の音が響いて
ちょっとわくわくする

  星一つ殘して落る花火かな  抱一

華やかさとさみしさと
抱一は江戸時代の画家

山猫軒

Yamaneko

宮澤賢治「注文の多い料理店」にでてくる
レストランの名前が「山猫軒」

ほんとうのレストランの名前として
花巻にも京都にも神戸にもあって
   ほかの町にもたくさんあるのだろうな……
わたしが実際に行ったのはこの3つだけ

神戸の「山猫軒」は人気で
いつもは混んでいるけれど
開店直後だったからすぐに入れた

ひさしぶりに食べたら
オムレツが美味しいな
デザートのプリンはやさしい味

ああ、また花巻に行きたくなってきた

   でもプリンみたいなしあわせもあって

August 01, 2014

月人石

514b0xkc5fl__sl500_aa300_

こどものともの絵本「月人石
写真と書と詩で作られている

墨で書かれた文字、書が
じわじわと心に入ってきて
そのまま住みつくことがある
まるで生きているみたいに

写真も詩も
もちろん涼やかで
ゆっくり感じたい絵本

« July 2014 | Main | September 2014 »