無料ブログはココログ

« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

July 31, 2014

信号所

140731_051838


日の出前の空に
飛行機雲が
のびていった

朝のうちは
やや涼しいけど
それでも
歩くと汗だく

きょうも暑くなりそう
7月もおわり……

写真は高浜岸壁の信号所

    
   信号所ただいま留守にしています

July 28, 2014

消えた古書店

140728_063252


トンカ書店で本探しをしていたら
「本と本屋とわたしの話6」があった

いつものように購入
100円だったのが
200円になってた

エッセー「消えた古書店」
  後藤書店それに宇仁菅書店……
ほんとにさみしい
しみじみと

   天窓をいつものように開けておく

July 27, 2014

保健室

140727_115828

140727_120702_2

展示会を見にいったら
石に句が書いてあった

  保健室金魚に名前つけている     かおる
  いのちってあったかくってぬくいです  かおる

保健室の先生をしてる方が作った句
保健室は特別な空間
いのちに直結している空間
いい句だなあと
句にも石にも感激した

わたしの叔母も養護の先生だった
叔母は大柄でおおざっぱで怖い人だった
10代の私が貧血でふらふらしていると
ばしんと叩いて「ほら、治った」という人だった

保健室の先生は頼もしい

July 26, 2014

うだる

あれこれ抱えて休日出勤
うだるような暑さだと
冷房の効いた部屋にいるだけで
ありがたい

仕事を片付けて
外にでたら
くらくらした

   炎天下君は迷子になっている

July 19, 2014

百物語

140721_144115

闇を抱えた女優
白石加代子の一人芝居
百物語」の最終話だった

はあ、いよいよ終ると思うと
さみしいやらほっとするやら
いえいえ、再演があるらしいので
同じ物語を繰り返し
耳で目で堪能しましょう

三島由紀夫の「はしづくし」で
ああ、耳に心地よい日本語

泉鏡花「天守物語」は
世俗を生きる者として
ふう、こわかった……

写真は白石加代子の
かわいいエコバック

百物語のリストがまた極上

July 16, 2014

グリム

140705_120800


グリムでは何が好きっていわれて
近くにできたカフェって
答えたりして……

カフェグリム
絵本のあるカフェ(JR神戸駅徒歩5分くらい)

手作りマフィンも美味だけど
珈琲がいい味でした

   senryu SO  置いてます

あ、神戸元町の古書店「うみねこ堂書林」にも

   senryu SO  置いてます


July 15, 2014

グランド・ブダペスト・ホテル

ひさしぶりに映画館で映画
グランド・ブダペスト・ホテルを観てきた
メルヘンチックで
ヨーロッパの絵本みたい

顔にメキシコのかたちの痣がある
パティシエとか
真っ赤なエレベーターとか
全部がきれいな絵になっている

きれいだからこそ
ありえない世界

あ、ヨーロッパの絵本といえば
シュレーダー展がある
いかなくては

July 08, 2014

百日紅

514hg6eyhcl__sl500_aa300_

仕事がオフだから
神戸の北斎展に行こうとしたら
あ、もう終わってた

こういうことがあるから気を付けないと

そんなわけで、北斎とその娘が主人公の
あやかしの江戸漫画「百日紅」を読んだ
滅法面白い
なぜ、北斎ものに百日紅という題をつけたのかが
あとがきに書いてあった

わさわさと散り、もりもりと咲く、というお祭りが、秋までの百日間続きます。長い、長いお祭りです。百日紅のしたたかさに、江戸の浮世絵師がだぶり、表題はこんなふうに決まりました。


杉浦日向子はやっぱりすごい

July 03, 2014

あめ ぽぽぽ

412mde7deml__sl500_aa300_

朝、散歩しようとしたら
雨がふってきた

  ぴとぴとぽとん

絵本「あめ ぽぽぽ
ママのスリッパのあしおとにも
雨の日らしさがある
雨のひとつぶひとつぶにも顔がある

   ひとつぶの雨に妖精いるという

きのうは晴れなのに雨だった
職場で上階からの水漏れ
室内で雨さーさーさー
水道と電気がとまって
ネットと電話も使えず
夜になってパソコン1台
電話1台の昇天確認
きょうも後片付け
仕事できるかな……

« June 2014 | Main | August 2014 »