« どくだみ | Main | 白い糸 »

June 15, 2014

鼎談

41xq9exqy0l__sl500_aa300_

名古屋へ移動するときに読んだ本
日本児童文学を斬る―鼎談/古田足日・鳥越信・神戸光男
「おしいれのぼうけん」などのロングセラー作家の
古田足日の訃報を聞いての再読

目の前の子どものために作品を作ったら
世代を超えて読み継がれる作品になったと
古田足日は語る

児童文学についての議論の場が
もっともっと必要だというところで
鼎談は締めくくられている

わたしはこの鼎談を聞きに行っていたのだが
本に掲載されている会場風景写真に
10年前の自分の姿を見つけてしまった

   たっぷりの水を含んだ時の渦

句会のあとは上海料理でビール
おいしかったです

|

« どくだみ | Main | 白い糸 »

Comments

ねじまき、お疲れ様でした。上海料理って、私初めてな様な気がします。だいたい四川か北京が多いような・・。
ちょっと食べ過ぎて、帰りのバスの中で気持ちが悪くなって途中で降りて歩きました。最後の焼きそばが余分でしたね(笑)
おかげで家に着いたのは10時半ごろ。凛さんは8時台の新幹線で何時に着いたのでしょうか?
ひょっとして私より早いとか・・。

Posted by: おさ虫 | June 16, 2014 09:56 PM

おはようございます

まあ、食べ過ぎてしまいましたか
帰宅は10時すぎくらいなので
わたしのほうが早かったですね

腰痛予防
教えてくださって
ありがとうございます
ぼちぼちやります!

Posted by: 凛 | June 17, 2014 06:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鼎談:

« どくだみ | Main | 白い糸 »