« February 2014 | Main | April 2014 »

March 2014

March 28, 2014

さくらはじめてひらく

140328_172217

気が付いたら咲いていた
ほぼ5分咲き

追い立てられるような日々で
足もとの自宅マンションの
桜さえも見てなかった
そんなわけで「春霞み」をあけた……

    咲きましたミケもあなたもいらっしゃい

| Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2014

イノダ

気温がぐんぐんあがった京都へ
いつもは用事だけで帰るけれど
きょうはすこおし街を歩いた

Dscn4974

梅満開
左近の桜はまだ蕾

それからイノダ本店で
ブラックコーヒー
140325_122419


   銀の匙ずっと一緒にいるからね

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2014

祈りのちから

61ehitko9l__sl500_aa300__2

東大寺大仏縁起絵巻を
絵本に再構成した「祈りのちから

大仏に塗る金をさがしていたところ
みちのくの奥州に金があるとのお告げがあり
遠く金華山から金が運ばれてくる

ようよう祈りのちからで
大仏様と大仏殿ができあがる

お祝いに天界から
白象に乗った普賢菩薩がやってくる
その姿の美しいことといったら
つい手を合わせたくなる

ああ、奈良に行きたいな

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2014

コメダ

140321_091326

140321_072116

20日は雨の東京へ

用事はあれこれあるけれど
まああせらずに……

   あなたからわたしへ春の雨がふる

翌日快晴、散歩をしていたら
彼岸桜満開
スカイツリー
それにコメダがあった

いつかは食べたいと思っていた
コメダのモーニング
東京で実現!

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2014

路次

Ihttp253a252f252fpds2_exblog_jp252f


試験を終えてから
戸田勝久展「春の星」会場へ

またもやAさんと
会場でばったり遭遇

戸田さんの描く時空を超えた
神戸の美しい世界を堪能
   北野、星を売る店、金平糖、ほうき星

路次という文字に気づいて
「これは路地のこと?」と質問

似てますけど、ちょっと違いがあります
そして教えてもらった句 

   桃源の路次の細さよ冬ごもり 蕪村

贅沢な和紙による戸田さん制作の
詩集や句集も展示されていた

この展示会がまさに桃源への路次
あと2週間、会いにいけます

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2014

時は春

51ikuvihxnl__bo2204203200_pisitbsti


ギャリコの傑作「七つの人形の恋物語

あすは仕事がらみの試験を受けるから
テキストを読まなくちゃいけないのに
なぜかギャリコに誘われて本を広げたら
目が離せなくて最期まで一気読み
   試験の結果は目に見えるよう……

なにしろ1行目はこう

   時は春
   ところは現代のパリ
   ひとりの若い娘がいましも
   セーヌ河に身投げしようと……

不細工な女と不器用な人形つかいの
号泣もののせつない恋の物語
自分の気持ちって自分ではわからないもの

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2014

生まれかわり

61ydruudul__sl500_aa300_


気温上昇花粉かなり飛散
目と鼻とからだじゅうがもぞもぞ

きょうは東大寺二月堂のお水取り

東大寺といえば「生まれかわり」という絵本がある

500年ほど前に描かれた東大寺大仏縁起絵巻を
再構成し再話した絵本

良い行いをした男が生まれ変わったときは
王になるだろうと予言される
その予言通りに男は帝になり都を作り
大仏を建立する

東大寺のふしぎな伝説

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2014

春の星

Toda

戸田勝久展「春の星」のご案内です

と き  3月16日(日)〜3月29日(土)
ところ  ギャラリーロイユ 神戸市中央区北長狭通3-2-10

やりました、神戸での個展です!

| Comments (5) | TrackBack (0)

March 09, 2014

美雪晴れ

51yxhir5wzl__sl500_aa300_


待ってました
ようやく出ました
みをつくし料理帖シリーズ第9巻
美雪晴れ
  次回は最終巻とある……う~んさみしい
おなじみの面々に新しい登場人物に
おいしい食べ物と魅力満載で一気読み

今回の隠し玉は「海文堂」
坂村堂がなじみの本屋の閉店を嘆いている
これは昨年の神戸海文堂の閉店のこと
閉店後に薬種問屋になったことまで……

  思わずぢんとする

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2014

空とぶ鉢

71mzkbpimel__aa300_


まんずさび(とても寒い)
実家の母が電話でいっていた
神戸も雪がわっと降ったり
やんだりの真冬状態

絵本「空とぶ鉢」は
850年以上前の絵巻物を
絵本仕立てにし再話したもの

信貴山のあるえらい坊さんは
鉢をとばせて托鉢をしていた
とんできた鉢に自分の食べるのもがまんして
お布施を熱心にしていた働き者が
そのご利益からか長者になって……

850年の時を超えて
いまだ情感ゆたかな絵と
ふしぎなおはなし

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2014

空が青いから白をえらんだのです

Sora


「くも」という題の詩
空が青いから白をえらんだのです
これが、そのまま本の題になっている

空が青いから白をえらんだのです」(長崎出版)

これは受刑者の詩集

刑務所の中にいる少年たちが
「童話と詩」の学習を通して
ずっとずっと閉ざされていた
心が開かれていく

心を描く
耳を澄ます
詩の力

それまで心をひらく場がなかった……
やっとここからはじまる

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2014

風信子

140302_161631


ヒヤシンスを買ってきた
ほんとは桃の花のつもりだったのに
ヒヤシンスの紫に呼ばれてしまった

チューニングがあったというかんじ

産地がオランダだ
オランダは花の国
オランダ帰りのともだちが
ヒンダーローペンで花の絵を描いてくれる
そうだ、こんど会ったら
ヒヤシンスをリクエストしよう

ヒヤシンスハウスにも行きたいな

   うまくつかめないヒヤシンスの横顔

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2014

日の出

140304_063131
日の出にまにあった
このごろは6時半くらい

きれいなものを見ると
なんで涙出るんだろう

何にも考えないで
ぼーっと海を見て
それから仕事へ

   たいせつなきおく春には春の種

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2014

アパート

140302_131246
大阪には九条という名の駅がある
   あ、京都にも一条二条三条と……
そんな九条あたりをうろうろ歩いていて
   あ、実は遅刻しそうで早歩きだったけど
みつけた文化住宅

ちょっと古いけれど
おしゃれな六角窓
それに壁はタイル!

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2014

うみはあちらですか

511ryofo6al__ss500_
こどもと楽しむだけではなくて
自分用の絵本がどんどん増えてきている

まどみちおの詩と写真の絵本
うちゅうの目
これも自分用

   こころならこんなにきれいなの(「ちょうちょう」)からはじまって
   うみはあちらですかと(「するめ」)でおわる
   美しい絵本

なんだかねえ
もう3月ですか
もう3年ですか

神戸は雨です

| Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »