« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

January 28, 2014

花の島

Dscn4843_640x480


Dscn4915_640x480


Dscn4935_640x480


淡路島は水仙が佳境

つくづく青い快晴の空を
白いボディの飛行機が
何度も横切っていった

久しぶりに「奇跡の星の植物館」にも入った

むせるほどに爛漫

  消えたかと思ってました花の椅子

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2014

実の会でした

きのう午後は、川柳作家の時実新子の名前から
実をもらった「実の会」の句会に参加

川柳に集中していた時間は
安藤まどかさんとのお別れの時間でもあった

まどかさんは「時実新子の川柳大学」の発行人だった
短期間だけれど所属させていただいた
私のようなおろおろしているド新人にも
気をかけてくださり声をかけてくださった

昨年、時実新子七回忌句会や
まどかさんの講演会でお会いした
ご闘病中とはうかがっていたけれど
いつも変わらずチャーミングでおしゃれ

3月には書簡集「わが母 時実新子
6月には川柳アンソロジー「月の子」を発行

秋にはわたしがカエルグッズ好きって言ったのを
覚えていてくださって「使ってね」と
カエルのポストカードをどっさり送ってくださった

なのに
なのにネットで訃報を知った

     ご冥福をお祈り申しあげます  合掌

| Comments (2) | TrackBack (0)

January 24, 2014

ウガンダのコーヒー

先日ねじまき句会の新年会で
ウガンダコーヒーがおいしいと教わって
さっそくネットで購入したら昨夜届いた

豆を挽いてゆっくりドリップ
わあ、いい香り
わあ、おいしい
  飲みやす~い、まろやか、こくがある 

自分でも「あかんなあ」という句しか作れなくても
  有名作家の名句ではなく
仲間の句に涙こぼれるくらい感動したり
おいしいお酒やコーヒーを教わったり
川柳っていいなあ

  ただおいしいだけ ただいとおしいだけ

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2014

白菜です

140122_215903_2

中国語では鶏と吉
白菜と百財は同じ音で
とても縁起がいいという

トンカ書店のワークショップに参加して
「鶏と白菜」の切り紙に挑戦

鋏でちょきちょきの一時間半

寒いから今夜は縁起物の
鶏と白菜の鍋にしようかな

   白菜でさくっと行くか三叉路を

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2014

満月

昨夜は満月だった
19年前の1.17も満月だった
きょうは一日中仕事

なつかしい曲「My Melancholy Baby」

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2014

かもめ食堂

61un2swjmcl__sl500_aa300_


DVDで「かもめ食堂」をひさしぶりに観た

主役の3人は
さちえさん、みどりさん、まさこさんだけれど
俳優の名前で、
小林さん、はいりさん、もたいさんと
いってもいいくらいなんだか素に見える

みんなそろって
トロルというか
妖精みたい

まんが「るきさん」の最終回で
るきさんはナポリに行ったけれど
その後、ヘルシンキで
食堂を開いたのかって思った

さちえさんとるきさんは
きっと同一人物!

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2014

人生の〆切

51kupnzt3l__sl500_aa300_

宮沢賢治がメモ帳に鉛筆書きしていた
「雨ニモマケズ」をアーサー・ビナードが
英訳した絵本「Rain won't
絵は山村浩二

四季の里山の絵にためいき
そしてあとがきにためいき

  体調を崩して療養中の賢治が
  「人生の〆切」を前に書いたとある

約82年前の花巻と現代日本
変わったものと
変わらないものと……

デクノボーはFool
ソウイウモノニワタシハナリタイ

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2014

しみずあたたかをふくむ

140110_150814


友人が歳時記カレンダーをくれた! 
ありがとう

きょうは「水泉動」
地上は寒いけれど
地中では凍っていた泉が動き始める―

とはいえ本気の寒波が来ている
春はまだ深いところで眠っているかな……

   少し青いひとふゆぶんの眠り水

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2014

日常。

Dscn4744_640x472


飛行場で両親と別れたとたん、日常に戻った。
ほんの一時間で秋田に到着した両親との会話は、やっぱり雪のこと。雪の量が暮らしに、とてもとても影響する。

   この雪の明るさ君に届けたい

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2014

まだ非日常

Dscn4745

神戸に住んで、もう25年ほど。わたしの日常は神戸にあるのに両親に会うと一瞬にして、神戸の方が非日常になる。

土地ことばのせいかなあ。わたしは秋田に戻ってしまう。そこには雪があって、まだ何者でもないわたしがいる。

両親はあす帰宅予定。まだ非日常が続いている。
それにお酒は秋田の地酒「山内杜氏」。かなり美味。 

| Comments (2) | TrackBack (0)

January 01, 2014

良い年になりますように

Dscn4729_640x480


Dscn4733_640x480


Dscn4738_640x480


初日の出を見ようと神戸中突堤へ
元日の朝はたくさんの人が来ていた

雲に隠れてなかなか見えない太陽を
ナイアガラトライアングルを聴きながら待ったら
やっとゆっくりゆっくりと登場

  新しい風に翼が生えてくる
  銀河鉄道に間に合いましたか

| Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »