« February 2012 | Main | April 2012 »

March 2012

March 31, 2012

サクラティー

120326_221537_2

ほんものの桜はまだだけど
桜づくしのプレゼント
いただきました

さくら茶とか
桜まんじゅうとか
桜あられとか

土曜の朝は
ホットケーキ
それにサクラティー
ほんのり甘くて
花嵐のような
雨が降っている

   弥生尽まだ咲きたくはない蕾

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2012

生きるかなしみ

Ikiru
エッセーのアンソロジー「生きるかなしみ」。
「生きていることには、かなしみがつきまとう。そのことを忘れないように」と、編者の山田太一が書いている。掲載されているエッセーは、みな心にしみ込んでくる。かなしくてうつくしい。各エッセーの山田太一の紹介文がまた泣ける。柳田國男、吉野弘、宮沢清六など。時実新子「わたしのアンドレ」は、可笑しくて切なくていとおしい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2012

夕月

今夜メールをいくつかもらった
金星、月、木星が
きれいに並んでるよって

わたしがぼんやり
空を見るのが好きって
わかってくれてて
うれしいな

秋田の実家に
月がきれいって
電話したら
雪だって
まだまだまだ寒い

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2012

なのはないろ

Isumi_4

彼岸の入り
1/fゆらりというカフェでお茶してきた
やみつきになるほどに
おいしい紅茶だった

「12色のおくりもの」という
おしゃれな本の原画展
絶賛開催中
    

12色のおくりもの」は
色の名前がすてき
紅色 桜色 柿色 菜の花色
常磐色 浅葱色 露草色 瑠璃色
菫色 牡丹色 黄金色 光

あたたかな
雨の降るきょうは
菜の花色に
心ひかれた

| Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2012

Home

先日みてきた映画「3.11 A Sense of Home Films」。
21人の映像作家たちが
HOMEをテーマに
3分11秒の映像を作りあげ
つないだもの

プライベートだったり
とても親密だったり
幻想的だったり
とりとめもなく
フィルムがつながっている

無音だったり
会話だったり
風変わりな音楽だったりする
フィルムの音

神戸では元町映画館で上映中

  ししゃもの天ぷらをあげたら
  むっちゃおいしかった
  ありふれたホーム 

  実家に電話して
  母と天気の話だけをする
  わたしのホーム

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2012

夜の散歩

120309_214724_2


冷たい雨の日でした

東京から来た方と会って
メリケンパークから
小雨の中を
歩いて帰宅

中突堤や高浜岸壁を
夜歩くのは久しぶり

まだ何も
できないままだけれど
ほんのり春めいてきた
雨の匂いも
夜の匂いも

| Comments (2) | TrackBack (0)

March 05, 2012

うにすが

六甲道の古本屋めぐりしようって
思ったのはつい先日のこと

宇仁菅書店は六甲に行ったら
様子を見に立ち寄る古本屋さん

  おいしい本と
  お菓子のある街

このところ店が閉まっていたけど
ぼちぼち再開かなあって
噂をしていたのに

けさの神戸新聞に
店主が亡くなられ
宇仁菅書店閉店との記事があった


   
    ゆっくりと本を読むなら黒ビール
    春ですよ古書店の窓ノックする

| Comments (2) | TrackBack (0)

March 04, 2012

雨のハーブ園

吟行で
神戸布引ハーブ園へ

雨の中の
坂道がきつくて
名古屋からいたした皆さんと
 腰が痛い
 膝が痛い
 足湯いこか
などとおしゃべり

雨に煙る神戸港は
すてきな絵なのに
句にはできなかった


  雨雨雨先の見えないまま春に
  生のまま食べてください魂は

Dscn2329_2

Donbea

Dscn2381

| Comments (2) | TrackBack (0)

March 02, 2012

Beginners

アカデミー賞のニュースを見てたら、助演男優賞クリストファー・プラマー、作品は「人生はビギナーズ」とあった。で、主演がユアンだ、幽庵だ!
ユアンは去年「フィリップ、きみを愛してる!」で、乙女な役だったけれど、さて、今度は? 
全体に、せつなくって、あたたかくて、ユーモラスで、すべての登場人物がチャーミングでいとおしい。ささやかに織り込まれている母親の回顧シーンでは、ゲイの夫と暮らしている苦しさ悲しさが。主人公のオリヴァー(ユアン)は孤独で内気で繊細。父と息子の関係も美しい。犬の字幕はウィットにとんでるし監督によるイラストもキュート! 古書店でのデートシーンもあって、あ、六甲あたりの古書店に行きたくなった! 
人生いくつになってもビギナーズ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2012

言葉と空をめぐって

Toda


戸田勝久さんの展示会が松山で開催されます。戸田さんの絵は幻と詩の世界。新作を見に行きたい。
ついでに伊丹十三記念館にも行きたい。
けれど、やや、とおい。

リブ・アート18周年記念  
戸田勝久・松本秀一二人展 ー 言葉と空をめぐって ー
と き  3月 8日(木)~3月19日(月)
ところ  ギャラリー リブ・アート
     愛媛県松山市湊町4丁目12-9メゾンM2ビル3F
     Tel & Fax:089-941-9558

| Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »