« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

October 24, 2010

田沢湖畔

湖畔で夜空をみあげたら
十六夜
星もきれいだった
007

021

029

037

| Comments (2) | TrackBack (0)

October 17, 2010

銀のうでわ

Gin
「銀のうでわ」は中国版シンデレラ。シンデレラの名前はアーツ。いじわるな継母の無理難題から助けてくれるのは、亡母の残してくれた牝牛。お祭りに行き、若者と出会い、別れぎわに残したのは、靴ではなく銀の腕輪。
「この腕輪がちょうどあう娘がいたら妻にする」
アーツは若者と再会して結婚する。が、その後、お正月に実家に帰ったとき、アーツはいじわるな姉に殺されてしまう。殺されたアーツは鳥に竹にと生まれ変わって、やっと、いとしい人とまた結婚する。
銀のうでわをするなら、両腕にしておかなくては! 

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2010

招福

Daruma
傑作赤ちゃん絵本。「だるまさんが」「だるまさんと」「だるまさんの」だるまさんのかわいさに一目ぼれ。しかも、おめでたい。いつか、いつか、これを新米ママにプレゼントしたいと思ってた。やっと、プレゼントできました。

| Comments (2) | TrackBack (0)

October 08, 2010

かえる屋走る

キュートなカエルのイラスト展をやっているとの情報があり、傘のない人が雨の中を走る夕刻、トンカ書店へ。
ほんとに、かわいいイラストたち! 栗皮色の着物姿の蝦蟇がおまぬけな顔で蕎麦を食べていました。かえる屋は行儀よくごちそうさましていました。物語が動き出しそう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2010

怪談

Hearn
用事での上京にあわせて、今年生誕160年の小泉八雲展(横浜近代文学館)を見てきた。八雲は神戸で一時期、新聞記者をしていた。もちろん、新幹線で読んだのは「怪談」。何度読んでも新鮮な、心地よい日本語だ。平井呈一が訳している。この訳文のノリが好きなのだ。
有名なお話の中で「お貞のはなし」が一番好き。お貞は、恋しい男に「あなたが願うなら、また現世で会えます」と、言い残して亡くなる。そして、十数年後、ほんとうに不思議なことに二人は再会するのだ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »