« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

December 25, 2008

ムーンレディの記憶

Koni
カニグズバーグの新作が出たと聞いてから数か月。やっと「ムーンレディの記憶」を読み終えた。ふ~、素晴らしい! 絵やアートの謎を追うスタイルが多いのだが、今回は、ナチスによる「退廃芸術追放」についてが大きなテーマを占めていた。優等生でシャイな主人公の男の子も、もとオペラ歌手など、魅力的な登場人物も、それに、やはりアートを扱っていたスカイラー通り19番地の人たちも、その後もことも出てきて、興味はつきない。面白い!
あまり今年は本を読めてなかったけれど、もう、今年のBest 1!

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2008

とっておき美術館

Osamu
きょうは大阪梅田へ。句会に参加。なんと、ネットの知り合いの方がいてびっくり。すばらしい川柳を詠む方でいつかお会いできたらとは思っていたけれど、早々に夢がかなった。かっこいい方でした!
電車の中でひろげていた本は「とっておき美術館」という図書館で借りたエッセー集。池内紀さんの文が好きなのだが、美術館さがしにもいい。絵の読みとりはもちろん、描いた人、集めた人、美術館のある町の匂いまでたちのぼる。アートはやっぱり人間なんだ~。といいつつ、行きたいなと思うところに付箋をつけながらも、こっくりと居眠り……。ちょっと疲れてるかな。ぼちぼちクリスマスシーズン。

| Comments (2) | TrackBack (0)

December 10, 2008

こうしはそりにのって

Kousi
雪の季節。寒さが厳しくなってきても、心はぬくもりにあふれている、そんなリンドグレーンの絵本。「こうしはそりにのって
冬休み前日のヨハンが、手おしぞりに乗って学校へ出かけすシーンからはじまる。雪の美しさ、大好きな牛の事故死、貧しさゆえに新しい牛を買えす泣いている母親と溜息をつく父親。静かに降り積もる雪に悲しみが重なり、透明感あふれる絵に、心ふるえる。
街はクリスマスの市がたってにぎやかだというのに、「びんぼうなひとを助けてくれる人なんかいない。ぼくのうしがしんじゃったのに神様はそんなことかまってもくれないじゃないか」と、悲しみといらだちをヨハンは抱えて……。
クリスマスが近づいてきたら読みたくなる。
水曜は仕事がオフなので家事を終えたら、珈琲のみながら絵本を読んで、さてさて、それから所用をすませて、義母のところでいきましょう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2008

講談北野亭

「講談北野亭」も7回目となりました。
新春の神戸北野で「講談と落語の会」を開催します。チケットご希望の方はメールでご連絡ください。


平成21年1月10日(土)
会場/神戸北野天満神社(「三宮」下車徒歩20分)
開場/13:30 開演/14:00
料金/前売1500円・当日1800円
出演/旭堂南湖笑福亭智之介
ゲスト・桂阿か枝

| Comments (2) | TrackBack (0)

おいしいものはガラスびんに入っている

Bin_2
12月! 何もしてないうちに12月になってしまったというかんじ。
おいしいものはガラスびんに入っている」。食べ終えた瓶詰めの、瓶を洗ってとっておく私にぴったりの本。空き瓶再利用法も載っている。ジャムだったら、きれいなラベルをつけたまま保存しておいて、それこそ12月になると、資源ごみの日にまとめて出してしまうこともあるけれど。でも、やっぱり空き瓶コレクターは止められない。

  生まれたての光あつめた窓硝子

れんこんと長ねぎのマリネ、柚子胡椒入りが、とってもおいしかった~。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »