« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 22, 2007

沖で待つ

Oki
 予定外の臨時の仕事が入り、3月終わりまではバタバタしそうな予感。大阪までの移動中に読んだ「沖で待つ」。おもしろかった。なんとも不思議でリアル。パソコンのHDDの破壊シーンと死のクロスとか、しゃっくりする幽霊とか。現実と非現実のつながり具合のフラットさもいいし、安定しているようでとても不安定で。友情でも恋愛でもない微妙な人間関係。「まいったな~」という言葉が印象的。こんなふうな人間関係もあり、ちょっと壊れている主人公には、「なにやってんの」と、一緒に飲みたくなった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2007

ミドリノ森のビビとベソ

Vivi
 震災から12年。朝から雨の特別な日。「ミドリノ森のビビとベソ」を読んだ。どじでかわいい泥棒のお話。作者の成宮さんを大好きな人が集まってイグレックでランチ。遠慮しなくてもいい仲間なのに、涙をこらえてしゃべるのは12年の月日のせいかもしれない。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2007

海でのはなし。

Umi
 スピッツの歌を使った映画「海でのはなし。」を観た。透明感のあるふたりの大切な時間と歌がピタッとあっていて。とてもとてもよかった。しみじみと涙を流す若い女性がいた…。

  誠実な海を不器用なあなたに
  夜明けの海の塩分濃度あたたかく
  気がつけば海を見ていた永遠に
  わたしだけの海の残響 スピッツ

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

のだめカンタービレ

Nd_1
 3連休初日。午後は「講談北野亭」があるぞとはりきっていたのだが、目に違和感が…。前日からちょっと痛みはあったのだけれど、と鏡を見ると…、ものもらいができている! 家族には風邪で声が出ないもの、足を挫いて歩けないものもいて、オオゴトまではいかないけれど、なんだか波乱含みの朝。雨も降ってるし…。が、昼には雨もあがり、たくさんのお客様がいらして「北野講談亭」は大盛況で終えることができた。
 打ち上げには、音大の先生もいたので、コミックもドラマも大ヒットの「のだめカンタービレ」のことをおしゃべり。音楽界でも話題なんだ~。打ち上げを終えて、2次会に流れて帰宅。が、眼科で薬をもらったのに、ずっとばたばたしていてこの間、目薬をつけなかった。まだ目がはれてる! お酒飲むより薬~。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2007

トムは真夜中の庭で

Tom
 鳥越塾、月曜班の新年会。前日も大阪で新年会で、いつものように呑み助のためのお正月。先生の作ってくれたお雑煮を食べるという贅沢さ。それにしても先生が実はたいへんな料理の腕前なのに驚き! さりげなく上等ってかっこいいです。隠し味の出汁のきいた深い味わいの九州のお雑煮。先生のお母様の生家のもので、先生は神戸出身。それぞれ塾生は一品持ち寄りということで、おせちを作らない私は新生公司の塩バラ焼豚を持参。好評でした。ここでいただいた焼酎「黒丸」も美味。おいしく食べて飲んでいい時間でした。
 フィリッパ・ピアスが亡くなったということで、しばしピアスの作品で盛り上がる。わたしはおそらく全作品を持っているはず(新作をちゃんと買っているかどうか自信ないが)で、どれもこれも面白くて、大好きな作家。短編も長編も、みずみずしい子どもごころが伝わってくる。読みながら、素直に泣いたり怒ったりしてしまう。20歳(あ、30年近くも前??)の誕生日プレゼントにもらったのが「トムは真夜中の庭で」。当時子ども向けの本は読んでなかったが、ファンタジーとしても最高傑作。イギリスの庭は何がおきるかわからない…。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2007

旧暦と暮らす

Kyureki
 雨の火曜日。調べ物や読書で過ごす、静かな正月。お正月は、何しろ気をつけないと食べすぎ飲みすぎになる。ごちそうばかりだもんね。でも、おもち大好き! きょうのお雑煮はダイコン、ゴボウ、ニンジンの入った横手風にしようっと。
 「旧暦と暮らす」は、図書館から借りてきた本。きょうは旧暦11月14日なんだ…。自然のリズムの見直しと書いてある。ちょこちょこメモしながら読むから、すすまないけど、まあ、慌てなくてもいいか。新しいカレンダーを飾ったばかりだけど、旧暦カレンダーも欲しくなってきた。
 日暮れ時、雨があがってから初詣。すごい人人人だった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

凛九郎

M098
Mitio
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 きのうに続くきょうだけど、元旦の真新しい気分が気持ちいい。新しい手帳に新しいスケジュールを書くのも気持ちいい。「凛九郎」を読んだ。勝海舟やシーボルトなど実在の人物や架空の人物が混在の幕末エンターティメント。主人公の凛九郎がとてもかわいくて魅力的で、さわやかな風のよう。まだまだお話は続く。面白かった!

 あまりたくさんの本は読んでないけど、 昨年のお気に入りベスト3は、「バルバラ異界」「チョコレートコスモス」「東京奇譚集」。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »