無料ブログはココログ

November 28, 2017

旅館西効

Image1_4

Image1_2

Image2_4

勤労感謝の日は、「うみの会」だった。前回よりは落ち着いて参加できた。初めてお話する方々の勢いとか奥深さとかに感嘆。
週末は、用事で東京へ。戸田氏推薦の昭和13年築の旅館西効に宿泊。タイムスリップしたみたいだった。用事を終えてからは図書館めぐり。

  背後からこけしの眉がやってくる
  日向の匂い静謐な昼の椅子

November 13, 2017

いつかどこかで

23347572_326072437802535_9018577181


戸田勝久展「いつかどこかで」が開催されます

と き   11月18日(土)〜26日(日)  12:00〜17:30
ところ  奈良町叙友舎

週末、行けたらいいなあ……

November 08, 2017

もって

Kiku


実家の裏にあった食用菊をぱぱっと摘んで神戸に帰ってきた。もってのほかという品種。美味。

  
   菊は散るそっと散る願いの欠片 

November 07, 2017

杜人

川柳杜人の大会に参加するために飛行機に乗り込んだら博子さんに出会ってキャッ! 無事に仙台空港に到着してスマホを確認したら、ちえみさんからスピーチの依頼が届いていてぎゃあ! 会場に行く前からドキドキ。
でも、仙台駅で柊子さんと出会ってほっとひといき。句会会場に着いたら、ねじまき句会の皆さんがずらりいて、またまたほっとする。
会場には、なかなかお会いできない川柳人がたくさん。杜人の磁力だろうなあ。わたしもぐいぐい引かれてる。
神戸にいながら、杜人にあこがれたきっかけのひとつに伊藤律の句集『風の堂橋』がある。わたしは持っていないため、知人から借りて全頁複写。伊藤律の句には純粋さと緊張感がある。わたしには全くないものだから……惹かれたのかな。
それにしても、大好きなのに句が一個も思いだせない。先週も、好きな川柳があれば言ってみてといわれたけれど、やっぱり言えなかった。物覚えが悪いのと、緊張すると頭が働かないせいもある。今ならいえるのに……。

   未明から未明へ赤い梯子売り  伊藤律
   麦チョコも魚の骨も葬いぬ

Image1

Image2

句会のあと、秋田の実家で過ごしてから神戸に帰ってきた。
写真は、杜人句会の芹鍋。たくさん川柳人がいたのに撮った写真はこれだけ。それから帰りの飛行機で撮った夕陽。

October 28, 2017

雨ばかり

Image1


先週参加したクレオ川柳大会は、台風のために句会途中で会場が閉鎖になり、今週参加した西宮神社での吟行も雨の中だった。
吟行では、やっぱり句がなかなかでてこなかったけれど、参加している川柳人のこまやか感性、肩の力の抜け加減、鮮やかな言葉の使い方を近くで見ることができた。


詠み人知らず青いどんぐり一個
雨の日の結び目にたましい灯る

October 19, 2017

おぼろ月のおさんぽ

61oyxwcof6l__sx497_bo1204203200_


デ・ラ・メアが絵本になった。「おぼろ月おのさんぽ」さんぽするお月さまが、銀色のねこ! かわいくてついニヤニヤしてしまう。いつもそばに置きましょう。

October 15, 2017

銀山温泉

にぎやかな友人たちと銀山温泉へ一泊。情緒ある温泉なのに、ずっとお酒を飲んでわいわいいっていただけ……。
Image1


Image2


October 09, 2017

城下町

暑いくらいの体育の日、ぴかぴかの快晴。1年ぶりに姫路へ行って、やっと姫路文学館の「時実新子展」を見学してきた。
きれいな建物は、ああ、いかにも安藤忠雄の設計! 「川柳研究」「川柳ジャーナル」「川柳展望」の一部、「川柳大学」はコンプリートでずらり。さすが姫路! 鍵町40番地の展示に感激。
Image1_2

ついでに男山も散歩。雲一つない空に姫路城。
Image2_2


September 29, 2017

戸田勝久展「小さな手紙」

Dmxhp1


戸田さんの「小さな手紙」展、はじまりました

会場 六甲 MORIS
会期 2017年9月27日(水)-10月3日(火)

September 23, 2017

高浜岸壁

友人に誘われて、久しぶりにウォーキング。
あら、だれ?

Dare_2

«秋だなあ

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks