無料ブログはココログ

September 18, 2017

ハイジ

映画「ハイジ」上映中。健やかで純真なハイジ。スイスの景色にためいき。映画を見る前に『ハイジ』を再読。矢川澄子訳は福音館。矢川のあとがきにうなる。

 あらゆる子供がハイジたりうる
 それを妨げる何物かがある


August 28, 2017

女人堂

Nyonin

思い立って高野山へ。赤とんぼが飛んでいた。あ、蚊もすいぶんいた。今は電車に乗ったら大阪から90分で着くけれど、むかし、徒歩だったら、どれほどの時間がかかったのだろうか、どれほどの道なき道だったろうか、山奥の奥の高野山。ここまで来て女性禁制。入れなかったのは明治初期までだけれど、高野山に入れない女性がおこもりするための女人堂。夫や子に先立たれた女性が多かったという。入れないとわかっていても、どうしても、来たかったのだ。どうしても祈りたくて。

P1040901

August 22, 2017

遠足in 大阪

友人に誘いで、なにわ探検クルーズに乗船。大阪を川から見学。さすが水都。浮世絵「浪花百景」の紹介もあって、下船後は、上方浮世絵館も見学。
Image1_3


それから、道頓堀を歩いた。すごいなあ、テーマパークみたい。
Image2

Image3

2image

August 16, 2017

よるのおと

Yoru

絵本「よるのおと」を読んだ。
夜、ひとりで池のそばを歩いた、ほんの数分の間のことが、絵本になっている。虫の声、遠くに汽車、蛍がとび、カエルが泣いている……
作者は「古池や蛙とびこむ水の音」を小学生のころにはじめて読んだときに、世界が違って見えた感覚を描いたとある。

ムーミンのふたつの顔

51a

ちくま文庫「ムーミンのふたつの顔」。ムーミンは好きだけれど、知らないことも読んでいない本も多い。じっさい、児童文学と顔とアニメの顔しか知らなかった。グッズはたくさんあるし、お菓子も食べたし、カフェにも行ったけれど、そうか、コミックスを読んでなかった。


August 12, 2017

カスピアン王子

Narnia

光文社の古典新訳文庫、ナルニア国物語4 「カスピアン王子」をやっと読んだ。
新学期、寄宿学校に向かう途中の駅で、またもや、ピーター、スーザン、エドモンド、ルーシーはナルニアへ呼ばれる。誰かに背中を引っ張られて……。
実世界では1年しかたっていないのに、ナルニアでは一千年たっていた!  そして、ピーター、スーザンは、ナルニアに来るには大きくなりすぎたという。せつない……。

August 05, 2017

うつくしい骨

Image2


七夕祭り前日の仙台へ。「杜人」の句会があった。牛タンたべなくちゃ、句も作らなくちゃと、うろうろしていたらパルコでおしゃれな骨を発見!


Image4_3

アフター句会でコミックの話で盛り上がった。仙台駅には、サイボーグ009! きゃあ、かっこいい。ひろ子さんおすすめは「猫絵十兵衛」。

August 03, 2017

蓮の花

Image1


帰省中、秋田県立美術館へ。絵本原画展を見に行ったのだが、千秋公園のお堀には一面に蓮の花が花咲いていた。すごい~きれい~。

July 26, 2017

遠野物語の原風景

Tohno

夏だ。実家に帰省するついでに、花巻か遠野に行きたいなあと思って、「遠野物語の原風景」を読み始めた。佐々木喜善も柳田國男も幻視幻覚的な素質があったという。それに、金属民俗学……。ああ、やっぱり遠野物語は、夏にふさわしい。

July 17, 2017

海の日

Umie_2

神戸開港150年帆船フェスティバル中の神戸で句会。こんなに緊張した句会ははじめて。「うみの会」。もちろん、いつも緊張するのだけれど、ふだんから回らない頭も口も余計まわらなかったのは、野間幸恵さんがいたせいである。川柳フリマで、野間さんの句集をチラッとみて、ひとめぼれして3冊購入したのだったが、まさか、こうやってお会いする機会があるなんて……。わたしの句を見て、
「動詞が弱いね」だったか「動機が弱いね」といってくださったのだが、どっち?とも聞けなかった。まずは、自分なりに動詞を考えてみよう。

«キャンドル